感染症

乳酸菌による善玉菌の増加

腸内の環境を整え、悪玉菌などの悪い影響から体を守ってくれる乳酸菌
ヨーグルトや乳酸菌飲料、それに専用のサプリメントまで販売されるほど、私たちの生活に欠かせないものとなっていますが、なぜここまでに注目されることになったのでしょうか。
それには、乳酸菌が持つ善玉菌としての働きがあります。

善玉菌とは、体内に生息する細菌の中でも、体に良い影響を与える存在のことで、悪玉菌が生成する有害物質を排出するなど、体に欠かせない働きをしています。
乳酸菌を摂取すると、腸内で善玉菌の割合が増すことになるため、人体を健康に保つことができるのです。

逆に悪玉菌は、善玉菌とは真逆の存在で、有害物質を作り出し、腸内環境を悪化させます。
消化不良や下痢、便秘などに慢性的に悩んでいる場合、この悪玉菌の影響である場合があります。
悪玉菌が増える原因としては、食生活の偏りによる、食物繊維などの栄養不足、またストレスも原因とされています。
便秘そのものも悪玉菌を腸内で繁殖させる原因となり得ます。

大切なのは、この悪玉菌が奔放にならない環境を作る、ということです。
乳酸菌の摂取は身体の調子を整えるのに効果的です。
悪玉菌の働きを抑えてくれる乳酸菌を積極的に摂取していきましょう。

このページの先頭へ