感染症

腸内の乳酸菌の加齢による影響

加齢に伴う体の変化に、なかなか順応できない、という方は少なくないと思われます。
見えないところで、また本人の見えるところでそれは進行していきます。
自分も年をとったな…と実感できるタイミングは、遅かれ早かれ誰にでも訪れるものです。

しかし、それで悲観する必要はありません。
実体験が示している通り、体を若く保つ方法は存在するからです。
一つ例を挙げて考えてみましょう。

加齢によって減少するものの一つに、腸内の「乳酸菌」があります。
主に消化器官に生息し、有害物質の排出や悪玉菌の抑制に一役買っている欠かせない存在です。

その乳酸菌は各器官の老化に伴って一緒に減少してしまいます。
悪玉菌が繁殖しやすい環境になってしまうのです。
もちろん乳酸菌が減少する原因はそれだけではありません。
偏った食生活やストレスも関係しています。
しかし、加齢に伴い様々な病気のリスクが高まることは事実です。

しかし、先ほども述べたように悲観する必要はありません。
失われた乳酸菌は、意識して摂取することによりいくらかを補うことができます。
例えばヨーグルト、中でもプロバイオティクスhttp://www.yournameinpictures.com/purobaio.htmlのものは、生きたまま腸に届き作用します。
年齢を重ねても、元気な体でいるために、できることは行っていきたいものです。

このページの先頭へ