感染症

植物性乳酸菌の種類の詳細

私たちの健康を支え、日々の体調を整える点で大きな役割を果たしている乳酸菌、それにはどんな種類があるでしょうか。
まず、大きく乳酸菌は『植物性』のものと、『動物性』のものがあります。
私たちが「乳酸菌」として思い浮かべるのは、主に「動物性乳酸菌」の方です。

ヨーグルトや牛乳などの乳製品がそれに当たります。
対して植物性は、野菜に主に含まれている乳酸菌で、動物性のものよりも、よりさまざまな環境下において生存できる乳酸菌なのです。
代表的なものとして、味噌やキムチがあります。
和食にも多く含まれているため、私たちは知らずのうちに植物性乳酸菌を摂取しているのです。

では、さまざまな環境下で生きられることのメリットとは何でしょうか。
それは、より食べる過程で消化されにくく、生きたまま胃腸に作用しやすいという点です。
動物性の乳酸菌は、胃液などによってそのほとんどが消化されてしまいます。
しかしラブレ菌などの植物性はそのほとんどが生存したまま胃腸に達し、作用するのです。
でも、野菜や大豆食品などはたくさん食べられない…と考える方には、植物性を多く含んだ乳酸菌飲料や、サプリメント等での摂取をおススメします。
このように快適な環境で成分を摂取できます。

このページの先頭へ