感染症

体に良い物質を作り出す乳酸菌

とある時代において、牛乳を使ったお風呂に浸かっていた王がいます。
その女王は何も牛乳の味や質感が好きだった…という訳でもなく、その牛乳がもつ肌への効果を期待して使っていました。
なぜ牛乳なのでしょうか。
その謎が、『乳酸菌』に隠されています。

牛乳には、カルシウムや脂質など、体に欠かせない成分の他に、乳酸菌という菌が含まれています。
乳酸菌はもともと私たちの胃腸など、消化器官に生息している金で、乳酸を作り出します。
腸内を酸化させることによって、ウイルスや菌などの外敵からの免疫力を向上させるのです。
また、乳酸菌には、細胞の酸化を防ぐ働きhttp://www.nyustartupweek.com/kennkouteki.htmlもあります。

肌はどうしても、加齢によって水分が失われ、酸化して弱くなっていきます。
それがシミやしわなどの原因になります。
しかし乳酸菌を取り入れることによって、若々しい肌を保つことが可能なのです。
最初の話に戻りますが、牛乳風呂が愛用されていた背景には、この乳酸菌が関係しています。
実際これを使っていた古代の女王は、綺麗な肌を保つ効果http://www.prescottarts.org/biyouseibunn.htmlを牛乳風呂から得ていたのです。
今私たちは何も牛乳風呂に浸からなくても、より乳酸菌を体に取り入れ、肌や健康に良い物質を作り出すことが可能なのです。

このページの先頭へ