感染症

乳酸菌の過剰摂取について

乳酸菌を摂取することには、たくさんのメリットがあります。
それには、まず体の抵抗力を上げることがあります。
乳酸菌などの善玉菌が腸内で作用すると、腸内を酸化させ、ウイルスや有害物質などの外敵に強い体作りをします。

また、広く知られている乳酸菌の働きとして、下痢や便秘などの症状を改善させます。
悪玉菌の働きを弱めることがその原因です。

乳酸菌を意識的に摂取するようになると、腸内で占める悪玉菌の割合が減少し、代わりに善玉菌の割合が増えます。
それにより、有害な物質が作られにくくなり、腸の動きが正常化され活発になるため、消化や排泄と言った基本的な働きが良くなるのです。

悪玉菌を増やさないためには、普段の食生活を見直すことが必要です。
野菜不足、肉中心の食事は悪玉菌を増加させる原因になり得ます。
また、ストレスという外的要因もあります。
環境、生活習慣を見直してみることが腸内環境を整えることへの第一歩となるでしょう。

乳酸菌は、摂取しすぎるという心配はありませんが、乳製品を摂りすぎることによってお腹が緩くなることや下痢をするなどの恐れがあります。
また、何らかの病気を持っている場合は乳酸菌の摂取に関して、医師と相談するのが望ましいでしょう。
乳酸菌を上手に摂る方法はこちらのサイトで詳しく解説されていますが、一番大切なことは毎日同じ量を摂り続けることです。
昨日たくさん摂ったから今日は摂らないというのでは、あまり意味がないので毎日少量でも摂ることを習慣づけていきましょう。




このページの先頭へ