感染症

乳酸菌を摂取する時期

体に良い乳酸菌、それはいつ摂取すれば良いのでしょうか。
実際、乳酸菌は食事から多くを摂取することができます。

多く含んでいる食品はヨーグルトや納豆などの、乳製品や発酵食品を食べることによって摂取できます。
ですから、意識せずとも私たちは乳酸菌をいつも体の中に取り入れているのです。
しかし、取り入れた乳酸菌はそのほとんどが消化の過程で分解されてしまうのが現状です。
どうすれば乳酸菌を効率よく摂取することができるのでしょうか。

それはヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどの補助食品を利用することです。
それらなら時間や忙しさを気にせずに使えますし、忙しい現代人にもピッタリです。
可能であれば空腹時よりも満腹時、乳酸菌がより分解されづらい時間帯に摂取するようにすると効果的です。

乳酸菌を摂取することには大きなメリットがあります。
まず、腸内の環境をいつも良いものにしておくことができます。
腸内が悪玉菌の影響により悪くなっていると、下痢や腹痛、便秘などを起こしやすくなります。
他の病気にもかかりやすくなります
ですから、忙しいからと言って普段の食事をおろそかにせずに、必要な栄養と一緒に乳酸菌を摂取することを心がけましょう。

このページの先頭へ