感染症

発ガン物質が体外に排出する乳酸菌

偏食やストレスなどによって、悪玉菌が腸内に増えると、下痢や便秘、最悪の場合はがんを誘発する原因にもなり得ます。
なぜ、悪玉菌ががんの原因になるのでしょうか。
それには、悪玉菌が生成する有毒物質が関係しています。

そもそも体内の中で生成している悪玉菌と善玉菌、それらのうち占める割合の大きさによって、腸内環境が良いか悪いかを判断できるのです。
偏食やストレス、加齢などの原因により体内に占める悪玉菌の数が増えると、下痢や便秘などの症状がひどくなります。
日常でどうもおなかの調子が慢性的に悪い…と感じているのであれば、悪玉菌が腸内で優位に立っていると考えることができるでしょう。

そしてこの悪玉菌、大腸がんの原因にもなり得ます。
悪玉菌は乳酸菌などの善玉菌と異なり、分解したタンパク質を有毒物質に変えてしまいます。
それが腸内の環境を悪化させ、細胞をがん化させやすい環境http://www.victoriaskitchen-philly.com/kin_002.htmlを腸内に作ってしまうのです。

この大腸がん、日本人にも多い病気で、進行すればするほど死亡率が高くなります。
症状も分かりづらく、内視鏡やCT検査などで改めてがんが発覚することもあるのです。
ですから、胃腸に占める悪玉菌の数を増加させないためにも、乳酸菌を摂取し、発がん性の物質を乳酸菌の力で体外に排出する必要があるのです。

このページの先頭へ