感染症

乳酸菌の働きについて

私達が何気なく食べている食事…その中にも多くの乳酸菌が含まれています。
ヨーグルトや牛乳、チーズなど、朝食には欠かせないそれらにも、多くの乳酸菌が含まれています。

乳酸菌は乳酸を体内で生成する細菌のことで、体に良い影響を与える菌です。
しかし体内に生息している数だけでは、宿敵である悪玉菌に対抗することはできません。
そこで、ヨーグルトなどの乳製品や発酵食品を食べることにより、意図的に乳酸菌の量を増加させることができるのです。

しかし、摂取した乳酸菌全てが効率よく吸収されるという訳ではありません。
消化器官が食べ物を栄養と排泄物などに分解する過程で、乳酸菌の多くも分解されてしまうのです。
生き残るのはわずかですが、それらが腸内環境を守るために良い働きをします。

より分解されずに生き残り、胃腸に直接作用する働きをするのが、『プロバイオティクス』と呼ばれるもので、それを含んだものを食べると、多くの乳酸菌が腸に生きたまま届くのです。
乳酸菌など、善玉菌には、腸内の有毒物質を排出させ、腸内を酸性に保って抵抗力を向上させ、悪玉菌の影響から腸内を守る働きをします。
乳酸菌は下痢や便秘などの症状を改善させ、胃腸炎やがんなどの病気を予防します。


このページの先頭へ