感染症

病気になりにくい体を乳酸菌で対応

ヨーグルトや納豆などの発酵食品に多く含まれる、乳酸菌。
そういった食品を食べると『病気になりにくい』と聞きますが、果たして本当なのでしょうか。

そういわれている根拠は、体の『抵抗力』の向上にあります。
体は外からくるウイルスや菌などの外敵から身を守る必要があります。
抵抗力を向上させるということは、外敵を感知するセンサーの性能を向上させ、悪影響を及ぼす外敵から体を護衛します
逆に抵抗力が弱っていると、風邪をひきやすくなり、病気にもなりやすくなります。
菌やウイルスの影響を受けやすくなるのです。

そこで効果があるのが、冒頭で述べた乳酸菌です。
乳酸菌には腸内を外敵から守り、抵抗力を向上させる効果があります。
さて、ここで大切なのが、どうすれば乳酸菌を効率よく摂取できるか、ということですが、より多くの乳酸菌を摂取するならばヨーグルトや乳酸菌飲料、またはサプリメントhttp://www.sculpturetrail.com/kanou.htmlなどは特に効果的です。
普段分解されてしまう乳酸菌も直接腸内に作用させることができるからです。

しかし、栄養という観点で考えるなら食習慣の改善です。
乳酸菌を多く含んだ発酵食品を上手に生活に取り入れることによって、健やかな毎日を送ることができるでしょう。


このページの先頭へ