感染症

悪玉菌が齎す悪影響

私たちの腸内に例外なく存在する、善玉菌と悪玉菌。
名前は良く耳にするものの、その役割と影響についてあまり知らない人も少なくありません。
イメージとしては、善玉菌は体に良いもの、悪玉菌は体にとって悪いものでしょう。
そのイメージは間違ってはいませんが、お互いはどう体に影響しあうのでしょうか。

善玉菌は、その名の通り『菌』とは呼ばれていますが体良い影響を与えます。
乳酸などの成分を生成しながら生息しています。
有毒物質を排出し、腸内を酸性に保ちます。
逆に、悪玉菌は大腸菌…一時期日本、大腸菌による病気が蔓延し、話題になりました…などの悪影響を人体に与える菌や物質を生成します。

善玉菌の代表格が「乳酸菌」です。
体内には、100種類を超える乳酸菌http://www.nflflag.jp/koukahatigau.htmlが生息していると言います。
乳酸菌自体の種類はもっと多いのですが、それだけの乳酸菌が腸や胃などの消化器官に多く生息しています。
それらは腸内環境を整え、体の免疫力を向上させます

しかし悪玉菌が割合として多くを占めてしまうと、多くの弊害をもたらします。
おならが臭いと感じる時は、この悪玉菌が多くなっていると危機感を持っても良いかもしれません。
有毒物質が多く溜まっているかもしれません。

このページの先頭へ