感染症

乳酸菌の摂取で悪玉菌を減少

慢性的な胃腸の不調に悩んでいる方がおられますか?それは腸内の「悪玉菌」が勢力を増して、悪影響を与えているからかもしれません。
悪玉菌とは、腸の中に生息する、善玉菌とは対をなす存在です。
『菌』と呼ばれているのに前と悪に分けられているのはそのためで、良い影響を与えるものが善玉菌、逆に悪影響を及ぼすものが悪玉菌とされています。

悪玉菌が腸の中で行うことと言えば、有毒な物質を生成したり、タンパク質等の成分を腐らせることです。
悪玉菌が勢力を増すと、腸内の環境は当然悪くなります。
そのために、下痢や便秘が増えてしまうのです。

乳酸菌(―ビフィズス菌とも言います)などの善玉菌はそれら悪玉菌の働きを抑えるための勢力です。
生成された有害な物質を排出もしてくれます。

まさに善玉菌にとっての天敵、その戦いは終わることがありません。
なので、私たちは食事によって、乳酸菌を摂りいれることは大切なことなのです。

乳酸菌が増え、悪玉菌が減少すると(その種類にもよりますが)、便秘が改善http://www.artsinhealth.net/bennpitonyuusannkinn.htmlされたり、免疫力が向上します。
乳酸菌にはコレステロールや血糖値を下げる働きもあります。
胃腸炎や、学生に多い過敏性腸症候群の症状を抑えることにもその力を発揮します。

このページの先頭へ