感染症

アレルギー疾患を乳酸菌で予防

ヨーグルトや、ヨーグルト飲料のパッケージによく記されている「乳酸菌」という文字、体に良いことは分かっていてもどう良いのかはあまり周知されていません。
そもそも『菌』なのになぜ体に良いのでしょうか。
そもそも乳酸菌は胃腸に生息しており、善玉菌の一種です。
善玉菌と対をなす存在が悪玉菌で、悪玉菌の割合が増えると、体に異常をきたします

乳酸菌は、そういった腸内環境を改善するのに欠かせません。
悪玉菌などが作り出す有害物質を体外に排出し、胃腸の中を綺麗に保ちます。
また、綺麗に保たれることによって、胃腸などの消化器官の働きが向上し、下痢や便秘など、消化機能の低下によって発生する弊害を減らします。
おなかの不調が続いている人は、善玉菌の減少、悪玉菌の増加が原因となっている場合があります。

また乳酸菌がもたらす効果はそれだけではありません。
免疫力を向上させることによって、アレルギー疾患を予防する働きもあります。
外部からくる悪影響を及ぼす菌やウイルスの増殖から体を守ってくれるのです。
ですから、普段からヨーグルトや納豆などの食品を食べることを心がけたり、乳酸菌のサプリメントなどによって、食事では摂取できない乳酸菌を摂取することは大切です。

このページの先頭へ